ブログが書けなくなったときの5つの処方せん

ブログが書けなくなったときの5つの処方せん

こんにちは、沙矢佳です。

私がブログを始めるようになって、ようやく1年が経とうとしています。

1年前はとにかく文章を書くことに必死で、サイトのデザインやSEOのことなども何もわからないままに書いていました。

それに加えて飽き性ということもあって、2回ほどブログを移転したりしてようやく今の立ち位置に落ち着こうとしています。

私は今、カメラオトメというカメラ女子に向けて発信しているブログと、雑記ブログであるきぬさ屋の2つのブログを運営しています。

カメラオトメは約3ヶ月ほど、きぬさ屋に至ってはつい先日開設したばかりでどちらも日が浅いものの、どちらも同じくらい大切な私のブログです。

開設時期が短いというものの、持って生まれた私の豆腐メンタルではキャパが持たないことも多く、これまで何回もスランプに陥っています。

 

ところで、スランプって辛いですよね。

 

書きたい気持ちはあるのに、画面に向かうとどうしても指が進まない。

何もできないのに、どんどん時間だけが過ぎていきます。

長いスパンで見ればほんの一瞬の出来事であっても、スランプの最中はどうしても落ち込みがちなもの。

今回はスランプのプロフェッショナルである私が、ブログを書けなくなったときの5つの対処法についてお話ししていきたいと思います。

ブログが書けなくなった自分を責めない

ブログが書けなくなった自分を責めない

書けない自分の苦しみは、一番自分がわかっているはず。

それを責める必要なんてありません。

よく有名なブロガーさんやブログに関する書籍では、

 

『最低3ヶ月はブログを毎日書き続けよう!』

 

なんて口酸っぱく言っています。

でも初心者が無理に真似をしようとしても、すぐずっこけてしまいます。 

暗黙のルールを破ったところで死ぬわけでもなし、検索に響くわけでもなし。

最初は誰だって誰にもみてもらえないのが,『普通』のことなんですから。

あなたのペースでブログを書いていったっていいんです。

あなたのブログはあなたのものでしかありません。

そう考えたらちょっとだけ心が軽くなる気がしませんか?

書きたくなくなったときの自分のためにできることをする

書きたくなくなったときの自分のためにできることをする

ブログが書けなくなったといっても、どうしてもブログのことが気になって仕方ないのがブロガーの性なのでしょうか。

そんなとき、私はブログを書きたくなったときの自分のために今できることを全力でこなすようにしています。

この記事を書く2日前もスランプを起こしていた私ですが、そのときやっていたことをご紹介していきます。

ネタ集め

定番中の定番、ネタ集めです。

自分の普段の生活を見渡してみるだけでも、記事になりそうなことはいっぱいあります。

ちょっとしたツイートであっても、それがきっかけで1つの記事の土台になってしまうことだってたくさんあるはず。

スランプになった自分の目線だからこそ、得られるアイディアがあると思えばネタ集めだって怖くありません。

写真を撮りに行く

カメラ女子ブログを作るくらい、カメラが大好きな私。

スランプに陥ったときは必ずといっていいほど撮影に出かけます。

撮影に出かけることが一つの息抜きとなっているのもありますが、ブログに使う素材としても自分で撮影した写真は欠かすことができません。

自分で撮影した写真をブログに使うことでブログに対してさらに愛着が湧きますし、何よりSEO効果も高いので一石二鳥です。

記事のテンプレートを作る

たとえばカフェの情報を発信しているブログであれば、アクセスの配置や店内の様子、料理の情報などを書いていくうちに徐々にテンプレートみたいな1つの書き方が出来上がってくると思います。

私はそのような記事のテンプレートをカテゴリーごとに作成して、ブログを書くようにしています

そうすることでブログを書く時間も少なくなりますし、パソコンの前で迷うことも少なくなったので精神的にも安定しながらブログを書けるようになりました。

記事のテンプレートはクロネさんの記事を参考にしながら、作成しています。

参考 ブログが簡単に書ける「記事の書き方テンプレート」クロネのブログ講座

本を読んだり、他の人のブログを読む

本を読んだり、他の人のブログを読む

 ブログを書いていると、どうしても読む書籍のカテゴリーやブログ運営の記事ばかり読んでしまうときがありませんか?

もちろんインプットは必要ですし、自分の記事をもっとよくしていきたいという気持ちはよくわかります。

ですが今はスランプ中。

ならば、普段読まないような本や雑誌に手を伸ばしてみるというのはいかがでしょうか?

物語や、ファッション雑誌、目に入るありとあらゆる本を流し読みするだけでも文章の書き方や装飾の仕方の勉強になると思います。

特に私は最近無料で読めるコンテンツと有料コンテンツの文章の書き方の違いなどを研究するようにしています。

ブログを読んでいるのは、仲のいいブロガーさんだけではありません。

検索で読みに来てくれる人はきっと、普通の人のはずです。

これを機に一般人の感覚に戻って、文章の勉強をしてみるのはいかがでしょうか?

SNSに力を入れる

SNSに力を入れる

ブログに一生懸命になっていると、どうしても置き去りになってしまうのがSNS。

めんどくさいから、全部同じ内容をそれぞれのSNSで発信しちゃえ…。

なんて思っている人はいませんか?

確かにSNSはそれだけではお金にならないし、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムといった複数のSNSを運営し続けるのはとても難しいです。

ですが、SNSのお手軽さと拡散力の高さはブログを大きく上回ります。

特にツイッターやインスタグラムは母体自体も大きいので、新たな読者層を取り込むチャンスでもあります。

ブログが書けないと悩んでいる今、スマホ一つでも簡単に発信できてしまうSNSの力を借りてみてください。

私はその発信力に加えて、SNSでは人との繋がりをとても大切にしています。

色んな人とSNSを通じて交流するのは危ない面もあるものの、そこで生まれた人との縁は切っても切れないものがあります。

そんな人との交流を素直に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

ブログを書きたくなった自分に負荷をかけない

SNSに力を入れる

ブログをずっと休んでいると、よし!そろそろ書くかー、みたいな気持ちになってきます。

でも、ここが肝心です。

0からやり直す気持ちで頑張ろうとか、休んでたぶんを取り返してやろうなんて余計な意気込みは必要ないのです。

そうやって気持ちが上下するから、ブログが書けなくなってしまうという面も少なからずあります。

ブログを書こうと思ったら、いつも通りのあなたのペースで書いていくことをおすすめします。

ブログを書き続けていたあの頃を思い出して、平常心でブログを続けていきましょう。

比較するのは他人でもなく、理想の自分でありません。

 

そもそもブログはレース勝負ではないのですから。

 

ゆるーくゆるーく、いきましょ?

まとめ

ここまで書いてきたことをまとめてみました。

  • ブログが書けなくなったブログが自分を責めない
  • 書きたくなったときの自分のためにできることをする
  • 本を読んだり、他の人のブログを読む
  • SNSに力を入れる
  • ブログを書きたくなった自分に負荷をかけない

最初から全部やろうとすると難しく感じるかもしれないけれど、少しずつ助走をつけてあげることできっといつも通りブログが書けるようになるはずです。

最後に私がとても大切にしているクロネさんのツイートをご紹介します。

ブログは、逃げません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA