【結論】やりたいことをやらなきゃ。後悔したまま生きるのはもったいない。

【結論】やりたいことをやらなきゃ。後悔したまま生きるのはもったいない。

頑張ることが美徳だと教えられたのはいつのことだったんだろう。

 

気が付いたら私はいつもやりたくないことを頑張っていて、やりたいことをいつも後回しにして生きてきました。

周りの子たちは楽しそうに自分の夢を叶えていくのに、自分は嫌なことばかりをやって失敗し続けている…。

そんな自分が大嫌いで情けなくて悲しくなりました。

 

このブログもリニューアルして何回目になるでしょう。

グーグルが稼げなくなったという言われるようになり、個人ブログはどんどん追いやられているのは揺るぎのない事実。

それでも私は今新しくブログを始めようとしています。

 

これが私のやりたいことだったからです。

私のやりたいことは「言葉」と「写真」、いつになってもこの2つが残る

【結論】やりたいことをやらなきゃ。後悔したまま生きるのはもったいない。

今、私がやりたいことはこうしてブログを綴ること、そして写真を撮ることです。

 

もともとブログを始めたのは2017年の8月。

期間にすると2年前からブログを始めていましたが、楽しいものではありませんでした。

当時始めていたブログはお金に目が眩んで結局途中でアフィリエイトサイトになってしまい、自分の書きたいことが書けなくなってしまったからです。

 

アドセンスやアナリティクスを観察しながら、無心で記事を書く毎日。

もしかしたら仕事なんて楽しいものじゃないのかもしれない。

それでも私は楽しいという気持ちの方がお金よりも大事だったんです。

 

そんな時に突然現れた今年のGoogleアップデートによって、私のブログは壊滅的な状態になりました。

アクセスがほとんどなくなり、売上も一気に落ちました。

リスクヘッジをしなかった自分のせいではありますが、どうしてもこの事実に納得できない自分もいたのです。

 

現在はサイトを売却して何もない状態が続いていましたが、やっぱり私がやりたいのはブログ。

遠回りしてようやく気が付いたのですが、私は文章を書くのが好きだったみたいです。

稼げなくてもいいからやりたいことをやってみよう

好きなことを仕事にしようという言葉が1人歩きする今、もしかしたら私のように戸惑ってしまっている人もいるかもしれません。

私も2年間迷走し続けてきましたが、好きなことで仕事をしようとするとたくさんのハードルがありました。

 

そして、挫折したのです。

 

だから次は、純粋にやりたいことをやろうと決めてみました。

お金はアルバイトや仕事でしっかり稼げばいいのです。

 

わざわざブログだけという茨の道を進む必要はなかったなと改めて感じています。

そう、仕事のブログから趣味のブログへと降格させました 。

 

優先度が変わったわけではありませんが、自分の中でブログを趣味に置くことで、少し心が軽くなるような気がしました。

苦しみながらブログを書きたくないし、私のような性格がアフィリエイターに向いているとも分からない。

だから思い切って趣味としてこのブログをスタートさせます。

どんな選択を選んだとしても、後悔だけはしないでほしい

今このブログを読んでいるあなたは、もしかしたら、過去の私のように自分のやりたいことを選べずにいるかもしれません。

今の自分のままでいるのはとても簡単だし、新しい自分に踏み出すのが怖い気持ちもわかります。

 

でも数年後に自分の過去を振り返った時にやっておけばよかったと後悔するような選択肢を選ばないでほしいなと私は思います。

あなたのことは何もわかりませんが、諦めてしまった夢ほど追いかけてくるものはありません。

その辛い気持ちだけは痛いほど、私も分かります。

 

チャンスの神様は前髪しかないとよく言われますが、本当にその通り。

私はいつも自分を守ろうとして、あえて本意ではない選択をいつもしてきました。

そして、いつも後悔だけが残りました。

 

どんな時も自分を信じろなんて難しいことは言いませんが、せめてやりたい事ぐらいはやってもいいんじゃないかなと思うんです。

どうか自分を追い込まず、自分がやりたいと思ったことに気持ちを傾けてみてはいかがでしょうか。

やりたいと思ったことは、間違いじゃないはずだから。

【結論】やりたいことをやらなきゃ。後悔したまま生きるのはもったいない。

もっと自分を信頼してあげてください。

きっと新しい未来があなたを待っているはずです。

 

今日から私もブログという新しい道を選びます。

この文章を読んでくれたのもきっと何かの運命でしょう。

 

一緒に、やりたいことを始めてみませんか?

あなたのお返事、待ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA