ときめきを仕事に。私は【ときめきクリエイター】になります

沙矢佳

突然ブログを書き始めたと思ったら、こんなタイトル。

自分語りがしたいわけじゃないけれど、思わず書かずにはいられませんでした。

ブログをリニューアルして初めて書く一記事。

今回は自分の肩書きについてひたすら語ってみようと思います。

なんて固いことを言ってみるけれど、ただの答え合わせなのかもしれない。

ときめきは、火花のように一瞬

さっきGoogleでときめきを英語に変換したらどんな言葉になるのか気になって調べてみました。

そうしたらね、【spark joy】って出てきたんです。

適当に調べただけだから、本当に合ってるかどうか分からないけれど。

スパークって火花みたいな意味があるんだって。

 

火花のような、楽しさ

それが、ときめき

 

思い返してみれば、確かにときめきってなにかがパンッって弾けたような音がするかもしれない

後で後でと思っていると、いつの間にかに忘れてしまうんだ。

メモしておいても思い出せるのは8割ほど。

人生で何回ときめきに出会えるのか分からないけれど、無駄にしてきたものもたくさんあるんだろう。

そういえば、チャンスの神様は前髪しかないとよく聞くなぁ。 

もしかしたらそういうことなのかもしれない。 

ときめきクリエイター。うん、しっくりくる

カメラブロガー、

インスタグラマー、

アフィリエイター、

本格的にブログを運営するようになって、いろんな肩書きを自分に付けたり付けられるようになりました。

実際、カメラ女子ブロガーは自分でもお気に入りの肩書きだったし、将来ずっと名乗り続けていくと思っていました

でもね、きっと私はそんな狭い枠で生きられるような人間じゃなかったんだ。

うまく言葉にするのも難しいんだけれど、私はときめきで生きてきた人間なんだなと実感することがここ最近多くて笑

私が成功させてきたコンテンツたちは自分があったらいいなと思ったことと、やりたいって思ったことが重なったときだけでした。

下手に誰かのことを考えたり、SEO意識したりなんていうのがきっと私の性には合わなかったんだと思う。

実際アフィリエイトブログになってしまった、カメラオトメ

更新し続けなければと思って、ずっとずっと何かにとりつかれていたように稼げる記事を書いていたけれど、自分がどんどんすり減っているような気がしていました。

まあ、そんなことを考えていたら、グーグルのコアアップデートにやられたんですけどね。

 

じゃあ、本音で自分のことを考えたとき

本当に私がしたいことを考えたとき

 

私はときめきで生きるクリエイターとして生きていきたい。  

そんな声が降ってきました。

 

もともと数字には弱い方でして、実際カメラブログが伸びたのも本当に奇跡。

だからお金とか数字にとらわれない自分の心を優先した作品を作っていきたいと思ったんです。

もちろんお金のこととか考えなきゃいけないから、軌道に乗るまではほかの仕事も勉強として続けていきます。

ライフワークとライスワークを一旦切り分けてみたら、自分の中でストンと納得できる答えが出せたような気がします。

もちろんやりたいこと全部ができないのは歯がゆいところはあるけれど、今自分が安心して創作活動をできるのは安定した基盤があってこそ。

やっぱり崖っぷちって良くないと思ったの笑

後ろ向きじゃない、前向きなジョブチェンジ

夢や感情を否定しない

今は別の仕事をしながらときめきクリエイターとしての活動を少しづつスタートさせていきます。

また数日後には他の肩書きを名乗っているかもしれないけれど、おそらく私は芸術家よりの感性を持っている人間なので根本は変わらない気がします。 

だってさ、私がどんな仕事をしていても私以上にはなれないもんね。

 

 

『ときめきクリエイター 』

 

 

今日からはこんな肩書きでよろしくお願いします。

 

こんな感じで終わりでいいのかな。