どうしても心がしんどいときに私がこころがけている3つのこと

どうしても心がしんどいときに私がこころがけている3つのこと

こんにちは、沙矢佳です。

私は2016年に適応障害という心の病気をわずらってから、現在も闘病生活を続けています。

適応障害という病気は、外部の環境がストレスになって心と体に異常をきたしてしまう病気です。

私はこの病気を職場で発症したため、休職という選択肢を選び今に至っています。

普段は家にいるのでストレスなく生活することができていますが、それでもたまに感情のコントロールがどうしても効かなくなることがあります。

薬である程度感情のたかぶりを抑えられるといっても、抑えられる限度を乗り越えてしまうときもありますよね。

私の場合感情のたがが外れてしまうと、とてつもなく悲しくなって大泣きしてしまうときもあれば、自分の苦しい気持ちから親や友人ときには恋人に当たり散らしてしまうということもありました。

時間が経てばある程度落ち着きますが、心が荒んでしまっている最中はとても辛いものがあります。

ましてやその波が1日に何度もくると精神的にも肉体的にも参ってしまいますよね。

自分の心が大ピンチのときでも、他人にすがることになんとなく気が引けてしまうっていうときもあります。

今回はそんな苦しい時間を少しでも軽くするために、私がこころがけている3つのことをご紹介していきたいと思います。

自分が死んだところで問題はなにも解決しない

自分が死んだところで問題は何も解決しない

心が苦しくなると、どうしても脳裏に浮かんでしまうのが『死』の問題。

適応障害を発症する前から私は辛くなると何度も「死にたい」とか「消えてこの世からなくなりたい」とか自分が消えることばかり考えていました。

だって死んじゃった方が楽だし、最高の現実逃避。

特に私は小学生の頃からクラスメイトに「死ね」だの「消えろ」だの言われ続けていたので、死というものに対して親近感に似たような感情を持っていたのかもしれません。

いわゆるメンヘラってやつだったんでしょうか。

今でもその名残がちょっとあって死にたいなーと思わず口走ってしまうこともあるんですが、最近その回数が少しずつ減ってきました。

それは『死んでも自分の心の苦しさは消えないんだろうな。』と考えるようになったから。

っていうか死ぬ方がリスクあるんですよ。

この先幸せになれる可能性も十分に残ってて、たまたま短いスパンで心がしんどくなってるだけで命を差し出すなんて勿体なさすぎる!

心が辛いのと、死ぬことは全くの別物。

自分の中にある辛い気持ちは辛いでいいんです。

でも、死なないで。

目先の苦しさに囚われて未来を手放すのは、とっても悲しいことだから。

その苦しさは長続きしない

その苦しさは長続きしない

私は心がしんどくなると呼吸が浅くなります。

酸欠になるんじゃないかってくらい息を吸わないようにしないと涙が出ちゃうんです。

だから心臓がとっても痛くなって身体的にも苦しくなります。

泣いても感情の波が押し寄せて止まらなくなってしまうので、それはそれで辛いもの。

でもその痛みがずっと続くというときはありませんでした。

辛くても数時間、気がついたら数分だったというときもあります。

1日が24時間ある中で辛い時間はほんの少しでしかありません。

逆にその波を乗り切ってしまえば、「あの時の自分はなんだったんだ!」と後で笑えるくらい元気になってしまうもの。

辛いときはほんの一瞬しかないと割り切ってしまえば、次に感情の波が来てもある程度心の準備ができると思います。

 

『しんどい!でもどうせすぐ終わる!』

『今回も辛いなあ!後もうちょっと!』

 

なんて心の底で自分を応援してあげてください。

楽しいことがずっと続くときがないように、悲しいことも辛いことも永遠に続くことは絶対にありえません。

大丈夫、あなたなら乗り越えられるはずです。

苦しいと思っている自分を否定しない

苦しいと思っている自分を否定しない

自分では辛いと思っていることがあっても、他人から見ると大したことがないものもたくさんありますよね。

それと同じように自分を他人のように扱って、自分の苦しさを否定してしまうというときはありませんか?

自分が本当に辛くて悲しいと思っていても「それは辛くない」とか「耐えなきゃいけない」…なんてよくわからない他人の杓子定規で自分の感情を測ってしまうととっても苦しいです。

心が苦しくて泣いているときは、一緒に自分の寄り添ってあげましょう。

あなたという存在はこの世でたった一人しかいないように、あなたを助けてあげられるのは『自分自身』しかいません。

 

いいじゃないですか、辛くったって。

いいじゃないですか、悲しくったって。

いいじゃないですか、苦しくったって。

 

こんな時くらいしか自分自身と向き合う機会はめったにないんですから、目一杯自分の気持ちに付き合ってあげましょう。

今まで知らなかった本当のあなたの一面が見えるのも、面白いものですよ。

最後に

もう一度、心が辛いなと思ったときに試してみてほしいことをおさらいします。

  • 自分が死んだところで問題はなにも解決しない
  • その苦しさは長続きしない
  • 苦しいと思っている自分を否定しない

心がしんどいときはちょっとだけ見方や感情の方向を変えるだけでも、受け止め方が変わってくるはず。

死ぬ必要も、ずっと耐える必要も、無理やり感情を抑える必要もありません。

そんなときもあるなーって思いながら、しんどい気持ちに向き合ってみるのも一つの手だと思います。

 

何度も繰り返しますが、心のしんどさは長続きするものではありません。

極端に構える必要もありませんし、無理に我慢しても辛いだけ。

 

辛い自分がやってきたときは、ぜひこの3つを思い出してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA