ワイドパンツを作ろう

皆さま こんにちは〜

2月に入りましたが、

まだ厳しい寒さが続く冬でございます。

そんな時には暖かいお部屋でソーイング、

縫い物をして幸せに浸っております。

 

 

今日は背伸びして『ポケット付きのワイドパンツ』に挑戦です。

 

 

型紙はニットソーイング 教室で購入したもので、布は前に日暮里繊維街で買ったお手頃価格な生地を使います。

 

 

まず最初に必要なことは何だろう?

と考え、

ん〜自分の体型に合う型紙に、

直さないといけなうなぁと。

 

 

まずは自分の体のサイズ、

私というマネキンがあるのですから、

そこに合う服にしましょう。

 

 

サイズがわかったら、

自分に合う型紙に折ったり、

書き直しします。

 

 

もし直し方がわからなかったら、

とりあえず型紙通りに作り、

合わない部分がお直しが入るという感じかなぁ

 

 

作ってみないと分からない、

大冒険となりますが、

失敗を恐れずにチャレンジしてみますよー

 

 

ここで話が横道に逸れますが、、

ソーイングビーと言うテレビ番組をご存知ですか?

 

 

私はあの番組が大好きで、

皆同じミシンを使い条件が同じなのに、

一人ひとりの出来栄えが全然違うんですよ((笑笑

これを観るとワクワクして、

「上手くミシンを使えるようになりたい」

と頑張る元気が湧き上がるのです。

 

気持ちが元気になったところで、

型紙を準備して布に置いてハサミで切りました。

 

 

 

ニットはロックミシンで切りながら縫うので、アバウトに切っても大丈夫ですよー

 

 

得意のウエストゴムのパンツです!

 

 

型紙も私サイズに合わせて、

ポケットを作り縫い進めて・・・・

じゃんじゃん縫って、

大体出来たところで試着してたら、

多くの失敗が発覚したのです。

 

 

何とサイズを合わせたつもりでも、

全てにおいてブカブカなのです。

 

 

股上が深過ぎて、

ワイド過ぎるヒップ、

足回りも広過ぎる・・・

これじゃ〜ブカブカパンツです。

 

ショック〜残念ですぅ

 

でも、

ここで投げ出しては生地が勿体ないから、

お直しすることにしました。

そうミシンで縫ったところを全部解くのです。

 

 

ロックミシンの解き方は、

前回のブログの本で紹介した『ニット地で作る大人服』

に分かりやすい説明があります。

 

 

解くのも勉強になりますよー

コツを掴むと意外と簡単に出来る〜

 

 

そうそう、

深かった股上は解く前に3cmカットだわー

解き終わったら、また各パーツを繫いで、

脇ををロックミシンで1cm切り落として縫いました。

 

 

そうして出来上がったところで、

着てみましたよー

 

 

良かったーーー

今度はピッタリだ!!

 

 

最後にパンツの丈を見て、

裾を縫って出来上がりだ〜

 

 

 

 

写真では大きめに映りますが、

Sサイズに少しゆとりがあるぐらいです。

 

 

縫い直しには時間はかかりましたが、

私サイズの型紙が出来たから、

次は布を変えて作ろうかなぁ

 

 

そうそう古い本となりますが、

簡単に縫える本がありましたので、

ご紹介しますね。

 

 

この本の服も作ってみようと思いまーす。

シンプルなデザインだと、

柄物の生地を使うと楽しそうね。

 

 

出来上がるとまた作りたくなる、

『楽しいお家時間を過ごしましょう』

また次回も宜しくお願いします。

 

【中古】 60分で縫えるおしゃれ服 佐藤貴美枝のニットソーイング アレンジで54アイテム /佐藤貴美枝【著】 【中古】afb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA