ブログの下書きを書くならほぼ日手帳に!ほぼ日手帳をオリジナル→カズンに変えてみた

ブログの下書きを書くならほぼ日手帳に!ほぼ日手帳をオリジナル→カズンに変えてみた

こんにちは、沙矢佳です。

新年も明けたということで、手帳をほぼ日手帳のカズンにすることに決めました。 

もともと私はほぼ日ユーザーで、14歳の頃から10年間オリジナルを使い続けるほどの信者でした。

中学生の頃から使い続けていると、それ以外の手帳が使いにくくなってしまうんですよね。

受験も就活も専用の手帳を買ったりして2冊使いなどトライしてみたものの、結局使いやすいほぼ日手帳に戻ってきてしまうというのがいつものパターン。

そんな私が今回手帳をオリジナルからカズンに変えた理由は至極簡単です。

ブロガーとして本格的に書くことに集中したかったから。

私はもともと紙ベースで物事を組み立てていくことが得意だったので、記事を書くとき必ず紙に書き出してからブログを書くようにしています。

直接ブログに見出しを書いていってもいいのですが、途中で導入に迷ってしまったり結論が迷子になってしまうときも多々あってなんとなくうまくいかないことの方が多くありました。

こうなったらもう割り切って、徹底的にこだわるしかない。

 思ったら吉日、試行錯誤の日々が始まりました。

最初はほぼ日手帳オリジナルとA4のルーズリーフで管理していた

最初はほぼ日手帳オリジナルとA4のルーズリーフで管理していた

カズンに変える2017年の後半からは、オリジナルでスケジュールと大まかな記事ネタとスケジュールの管理、無印良品で購入した方眼のA4のルーズリーフを使って下書きを考えていました。

オリジナルの月間ページに1日の予定を書いて、1日のページに日記を書いたり家計簿を小さく書くだけでスペースがいっぱいになってしまいます。

ブログを書くようになってからは、さらにネタや思い浮かんだタイトルを書いていくので、さらにカオスな状態に。わけわかめというのはこのことを言うのでしょう。

 記事にした下書きを捨ててしまう問題

 記事にした下書きを捨ててしまう問題

一生懸命3時間以上かけて書いた下書きだって、記事にしてしまえばただのゴミです。

「よっしゃあ!!書き終わった嬉しい!!」

といって捨ててしまう人も私以外にたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく綴るためのルーズリーフに書いているのに、捨ててしまっては本末転倒。

リライトするときにも、下書きがあった方が絶対にやりやすいよねって思ったときにはもう遅い。

きっと焼却炉で灰になってしまったことでしょう。

そんなアホな私を粛清するべく、スケジュール管理と下書きを一緒に管理できる手帳研ノートが必要になったのです。

それでも慣れ親しんだほぼ日手帳を手放したくなかった

それでも慣れ親しんだほぼ日手帳を手放したくなかった

使いにくいやら、書けないやら、ルーズリーフは捨てちゃうやら、なんだかんだ言いながらも10年間同じ手帳を使っていたのは、愛着があったからこそ。

書くことがもともと好きな私が、自分の思いを素直に書き出して整理できる場所は手帳以外に今もありません。

自分のありのままを吐き出せる心の家のような存在でした。

だからこそ今回私がステップアップするまでに、たくさんのためらいがあったのだと思います。

 ほぼ日手帳カズンに変えてみた

ほぼ日手帳カズンに変えてみた

 まだ使い始めて2日しか経っていないのですが、カズンめっちゃ快適です。

「これなら365日ブログに集中できる…。」

ってなってます。

ほぼ日手帳オリジナルはサイズがA6で文庫本サイズでしたが、カズンはその2倍のA5です。

方眼の大きさもオリジナルと変わりがないので、書いても書いても手帳が埋まらない!

思ったことや調べたことを書いても、余白は十分にあるので、記事を書くのもとっても楽しくなりました。

ここからは私のちょっと変わったほぼ日手帳カズンの使い方をお伝えしていきます。

ブログの下書きを書くときは、横に使う

ブログの下書きを書くときは、横に使う

これは今回の記事を書く際に使った実際の下書きです。

細部まで書いて内容を確かめていくので、どうしても書く量が増えてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

スケジュール用の縦線も、横に使えば全く気になりませんし、横書きにしたことで1文も長くかけるのでとっても便利です。

ちなみにTODOリストは、普通に使っています。

1日5つ以内にやることを収めておくと、ストレスなくこなすことができるのでオススメです。

 週間スケジュールと月間スケジュールで自分を管理

 週間スケジュールと月間スケジュールで自分を管理

 ほぼ日手帳オリジナルとカズンの違いといえば、サイズだけではありません。

 オリジナルでは入っていない、週間スケジュールページがついているのもカズンの魅力です。

 私は日記を毎日つけるのが得意ではないので、週間で自分を管理する方が向いているなーと思っていました。

だからこの週間ページはとっても嬉しい!

左端にも余白部分がたくさんあるので、週間目標などを書くのにもGOOD。

1日のページだけでなく、週間ページも書くところがいっぱいあるので、振り返りも簡単です。

ボールペンとシャーペンを使い分ける

普段は、フリクションなどの消えるペンを使って、ブログを書いていたのですが、こちらのブログを読んでからボールペンとシャーペンで使い分けて書くようになりました。

参考 <span>手帳にあのペンを使ってはいけない3つの理由!</span>ゆころぐ

そうだよね、フリクションとかって摩擦熱で文字が消えるんだよね。

60度って夏場なら案外すぐにいっちゃうよね。

って消えたらやばいやん!!!!!

と思ったら使わなくなりました。

特にほぼ日手帳は薄い紙を使っているので、文字を消すときに細心の注意を払わないと、破けてしまうことも多々ありました。

なので、思い切って捨てることに!

今は下書きはシャーペン、目標や自分の思いなどを書くときにはボールペンを使うなどして使い分けるようになりました。

ほぼ日手帳は文字のマス目が小さいため消しゴムを使うと、消さなくていいところまで消えちゃうところが悲しいけれど仕方ありません。

っていうか文字を間違えるくせをなんとかしたい今日この頃です。

ブログを書くようになったことで、手書きのよさを再確認した

ブログを書くようになったことで、手書きのよさを再確認した

私はどんなにインターネットの世界が主流になっても、手書きのよさが失われるということはないと思っています。

もちろんできるところはどんどん自動化していきたいとは思っていますが、まだまだ手書きからは離れることはできなさそうです。

実際書くことで自分の考えが整理できますし、記事のブレを防ぐことができるので一石二鳥になっています。

カズン買ってよかった!!(まだ二日目だけど)

ひとつきになることといえば、手帳カバーをケチって母の5年前のカバーを使っているので、ブログの収益が上がったらアクリュの手帳カバーを買いたいなーって思っています。

今回ご紹介したほぼ日手帳が気になった方は、ぜひこちらのページも見てみてくださいね。

参考 ほぼ日手帳ラインナップほぼ日手帳

それではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA