初心者🔰の手作りマスク ニットマスク編

皆さま こんにちは

立体マスクにプリーツマスク、

作ってみた感想はいかがでしたか。

私は簡単そうでも、

やってみると意外と面倒な部分があることに気づきました。

ただ面倒な部分は慣れていないだけで、

枚数を重ねることにより解消すると思います。

やはり一緒に初心者🔰マークをつけて、

一緒にがんまりましょうよ。

咳エチケットの布マスクは、

好きなデザインを使えるので、

アラ還のアタシも作るのが楽しくて興奮しました。

 

そこであと一つ、

簡単なニットマスク😷を作ってみましょう。

以前は私もニット=伸びる生地は縫いずらい、

そんな公式が頭に浮かびましたが、

実際に作ってみるとそれは妄想であることが分かりましたので、

さっさとやってみます。

 

ネットからニットマスク型紙を検索して、

ここで型紙について説明します。

服でも小物でも洋服でも型紙が必要となるのは、

お分かりかと思いますが問題はその紙。

この先も色々な小物(ポーチ・袋・バック等)でも、

洋服でもデザイン・サイズ・種類を違ったものを作るには、

新しい型紙が必要になります。

私も最初は5枚入りのハトロン紙を購入しましたが、

すぐに足りなくなるのが分かったので、

多めのロールタイプを購入してます。

使い終わった型紙も捨てずに、

分かりやすいメモ(付箋などを使い)をつけて保存すると、

次に作るときに再利用できて良いと思います。

気に入ったら何枚でも作りましょう。

 

 

そして次は布地、

新型コロナウイルスの影響もありお店は休み、

オンライン店で買うのも大変困難なので、

お家にあるTシャツとかハギレを使えば良いのです。

タテ・ヨコの伸びが少なくて、

切った時にほつれにくいものは、

ほらこんな感じで切ってもほつれず、

良い感じですね。

 

 

もともと伸びる生地だから、

カッターで裁断すると布が持ち上がらず、

型紙通りに切ることが出来ます。

切るときに注意したいのは、

耳ひもにあたる部分は太めに裁断した方が伸びが少なく、

後から長さ・耳触りが調整出来ますので、

太めでお願いします。

 

 

 

そしてマスクの左右を1枚ずつ切れたら、

表から合わせて中央を縫うと出来上がり。

 

 

縫うところが1ヶ所だから、

簡単ですぐに出来るのです。

立体マスク・プリーツマスクと比較すると、

時間と手間がかからないの何と言っても最高です。

でも欠点もあり、

通気性が良い=薄いマスクとなるので、

洗濯の耐久性に欠けたりして、

嫌な方もいらっしゃると思います。

 

3種類のマスク😷から、

トキめいて楽しいものを作ればいいのです。

 

一番大切なのは

『作ること』なのですから、

私と一緒に次の作品にチャレンジして、

素敵にソーイングを楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA