みんなは『きれいな言葉』に惹かれるんじゃない、『あなたの一歩』に心を動かされるんだ

みんなは『きれいな言葉』に惹かれるんじゃない、『あなたの一歩』に心を動かされるんだ

こんにちは、沙矢佳(@a_n_koll)です。

ワードプレスでブログを立ち上げてから約半年、ようやくブロガーという肩書きが馴染んできたようなきてないような。

ブロガーという何かを発信する立場に回ってから、周りの人間関係(主にTwitter)にも変化が見えてきて、たくさんの発信者の方々に揉まれながらなんとか生きています。

そんな中最近よく耳にするようになった『発信のノウハウ』についてのツイートに対して、私なりに思うことが増えてきました。

もう私が言いたいことはこのつぶやきに凝縮されているんですが、この場を借りてもう少し深掘りしていけたらいいなと思って私は今パソコンに座っています。

フォロワーは数でも質でもない、ただの人間

最近よく私のTwitterタイムラインで頻繁に聞くようになった『ツイッター運用』という言葉。

「ツイッターのフォロワーが一ヶ月で◯◯人増えた!」とか「ツイッターのフォロワーを増やすために私がやったこと」みたいなツイートやブログ記事を書く人が増えてきたんですよね。

近頃ではインフルエンサーと呼ばれるSNSで大きな影響力を得ている人たちが、効果的な情報発信の仕方の本を出版することも多くなりました。

確かに自分のつぶやいたことに対して反応が返ってくるのは楽しいし、フォロワー数が増えて嬉しい気持ちもすごくわかります。

ですがそういった発信することばかりに囚われている人を見ていると、私はなんとなく寂しくなります。

自分がフォローしていた人がツイッター運用について語っているのを見ると、「あれ、私ってこの人とってはただの数でしかなくて、人として認められていないのかな。」という気持ちになるんです。

ツイッターの運用を考えて発信することはいいことだとは思いますが、ただそれを表にだしてしまうのは全く別の問題です。

発信する想いや情報を受け取るのは、機械じゃなくて人間なんだ。

「きれいな言葉を発信するbot」になってない?

そんなことをつらつらと言いながらも、私も過去にツイッターの運用をして失敗したという経験の持ち主です。

一度SNSの発信方法の本を読んでから、「私もこの人みたいに影響力を持ちたい!」なんて浅はかな考えをしたことから間違いだらけのツイッター発信が始まりました。

その内容は「ただきれいな言葉だけをつぶやき続ける。」というもの。

例えば「好きを仕事にして生きることが正しいこと。」とか「私はカメラで生きていきたい、これからは個人の時代なんだ、」、「これまでの人生は間違いだらけだった、私は新しい道に進む。」なんて感じでしょうか。

要するに、口先だけで他人の心を動かそうとしていたんです

こういうことを言えばフォロワーは増えるだろう、こういう言葉を使えばいろんな人が私を応援してくれるだろう…。

んなわけねーだろバーカ!!

口で言うことなら誰だってできる。

そう、誰だってできるからこそきれいな言葉botになってしまうんですよね。

そんな人のことを応援したいとも、興味を持とうとも思いません。

言葉だけでみんなが応援するほど、周りの人はバカじゃない。

私がそのことに気がついたのは発信を始めてから三ヶ月後くらいだったから、救いようがないバカだったことが伺えます。

みなさま、あのときはTLを汚して申し訳ございませんでした。

自分の行動をつぶやいていったら、SNSがもっと楽しくなった

アホみたいな大失敗をした私は今SNSで発信することから少し距離を置いています。

やっていることといえば、仲のいいフォロワーさんとリプライでお話ししたり、少しふざけたツイートをしてみたり…自由にのびのびとつぶやいています。

意識していることといえば「ありきたりな言葉じゃなくて、自分の行動を呟く」ことくらいかな。

具体的には今読んでいる本のツイートであったり、今自分がどんな状況にいるのかとか、今こんな気持ちでこんなことをしているとか…。

こんなツイートも増えてきて、いい意味で人間味が出てきたような感じがします。(たまに口が滑って下ネタ呟いてるけど)

特に嬉しかったのはこのツイートの反響です。

私が会社を辞めるということを人事の方に伝えただけのツイートです。

内容は決してポジティブなものではないし、私自身も満足できる結果ではなかったものの、大勢の方から頑張れという言葉をいただけたことが本当に嬉しかったです。

 

きれいな言葉は確かに耳には聞こえやすいけれど、現実はなかなかうまくいかなかったりすることも多いもの。

でも最後にみんなが見るのは、あなたが実際にやっていることなんです。

あなたの一歩が、周りの世界を変えていく

発信は大事なことなのかもしれません、でも発信にとらわれ過ぎてしまうと本当にあなたが伝えたいことだって相手に伝わりません。

発信より何より大事なことは、「自分のやりたいことに時間と努力をかけること」だと私は思います。

ツイッターやインスタグラムはあくまでも手段であって、SNSで発信することに力を入れすぎるとだんだんその内容も浅いものになってしまいます。

何回も言いますがフォロワーは人です、きれいごとだけでは人の心を動かすことはできません。

巷に転がっているありきたりな言葉なんかより、あなたの一歩の方がよっぽど価値があるというもの。

 

 

私は今日も夢を叶えるために歩き続けます。