文章生産力を圧倒的に上げる、私の習慣を紹介していきます

文章生産力を圧倒的に上げる、私の習慣を紹介していきます

Twitterをやっている人やインスタグラマー、ユーチューバーは総じて発信者という立場にいます。

情報を発信する立場である以上、動画であれ写真であれなにかしらをずっと作り続けています

私もインスタグラマーとして活動していたり、ブロガーをやったりしているので、常に何かしら、パソコンに向かってコンテンツを制作しております。

 

仕事といえば仕事ですが趣味も兼ねているので、そこまで苦痛ではありません。

人間だもの笑

たまにはネタ切れをすることもありますし、何より自分の中で語彙力がないと難しいなぁと感じる時が多々あります。

 

そんな私が今回ご紹介するのは、文章生産力を圧倒的に上げる習慣づけというテーマ。

私は2017年からブログを始めていて、今年で約2年目。

まだまだ荒削りな部分はありますが、文章に対してのある程度のコツは掴めてきたのかなと思っています。

 

文章に関しては、とにかく書き続けて読み続けて、また書き続けての繰り返しが上達につながります。

結局は毎日描き続けた人が上手くなるし、一つずつ積み上げていくしか、スキルを上げる方法はないと思います。

ただ、それを習慣づけできるかどうか。

これが、上達のスピードを大きく左右する決め手なのかなと私は思っています。

 

長々となってしまいましたが、今回は私がやっている習慣をご紹介しながら、皆さんにも習慣を考えるということを意識してもらいたいです。

毎日必ず文章に触れて、自分の言葉で言い換えてみる

今はスマートフォンや、パソコンがあるのでわざわざ本や新聞を読まなくても、文章に簡単に触れることができます。

特にSNSをやっていると文章に触れる機会も多いですし、その文章の裏側に隠された発信者の本心にも気づけるようになってきます。

ただ、文章をそのまま真似していると、その人の文章のくせや考え方が同じになってきてしまうので、必ず「自分の言葉で言い換えてみる」という習慣をつけましょう。

 

私も最初は好きなインフルエンサーさんの文章を真似して書いていたのですが、それだけでは足りませんでした。

文章を真似するだけでは、自分のオリジナリティーは生まれません。

同じことでも「自分はどう相手に伝えようか?」と考える癖をつけ続けたことで、私の言葉で様々な物事を発信できるようになってきたような気がします

 

同じ意味の言葉を自分の言葉にして発信していくことは、最初はとても難しいですし、たくさんの語彙力がないと続けることができません。

特定のメディアから情報を得るだけでなく、本や新聞からも言葉を得ていくようにするのがオススメです。

とにかく沢山情報を得る。目からも、耳からも使える器官は全て使う。

次におすすめしたいのは、とにかく沢山情報を浴びるように得るということです。

これはホリエモンも言っていた言葉なんですが、「情報は浴びるだけでいい」という言葉は真理だと思います。

私も最初は情報を目から得るものだと思っていたので、SNSや本ばかり読んでいたのですが、色んな人から耳で学習するのもいいよと教わったのです。

 

確かに本を読んでいる間や作業している間は耳が空いています。

私も音楽を聴くことがなどが好きなのでよくYouTubeを流しながら作業をします。

その時間をあえてインプットの時間にする事で、更に効率良く情報を得れるようになってきました。

 

最近はオーディブルといった、耳で聞く形の書籍にも増えてきているので、そういったものを活用するのもいいと思います。

私は基本的にYouTubeたれ流しで聞いていますが、いろんな形で耳から情報を得るという習慣付けは本当におすすめ。

最初はちょっと違和感があるかもしれませんが、慣れていくうちにどんどん耳からも情報が取れるようになってきます。

\オススメのサービスはこちら/

五感をフルに使用して積極的に情報を自分から浴びていきましょう。

アウトプットはAndroidタブレットで効率的に音声入力で済ませるようにする

最後に話するのは文字の入力方法を音声入力に変えるということです。

今この文章を書いてる間も私は自分の声を使っています。

 

今は音声入力の機能も発達してきているので、ほとんど誤字脱字はありません。

まだまだ専門用語に対しては弱いですが十分に使える範囲になってきたんじゃないかなと思っています。

音声入力ができるようになると、タイピングの5倍で文章を作れるようになるので一気に作業時間が短縮できます。

また、スマホでもタブレットでも端末を選ばずに文章を書くことができるので、場所にもとらわれないというメリットがあります。

 

個人的なオススメはAndroidタブレットで音声入力をすることです。

iPhoneとAndroid端末で音声入力のスピードを比べてみたのですが、圧倒的にAndroidの方が音声入力の性能は強いです。

変換するスピードもそうですが、androidの端末の方が誤字脱字が少なく入力できる気がします。

 

私がはHuaweiのタブレットを音声入力に愛用しています。

私のタブレットは入門用の安いものを購入しましたが、音声入力をするだけならそこまで大きなスペックはいりません。

むしろ私はお試しだと思って買ったので、3万円台でこのスペックなら十分です。

\私が使っているのはこのタブレット/

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥33,980 (2019/10/17 16:29:24時点 Amazon調べ-詳細)

スマホよりもタブレットの方が画面が大きいので、音声入力には向いています。

個人的には10インチくらいが使いやすいです。

私の端末状況もどうなるか分かりませんが、今後音声入力を気軽にできるようにandroidのスマホをもう1台購入しようかなと検討中です。

情報は使うためにある、スマホやパソコンに時間泥棒されないようにしよう

文章の生産力をあげるためには自分の頭の中である程度の情報量がないといけません。

そして情報を得るためにはスマートフォンやパソコン、書籍といった様々な媒体を駆使していく必要があります。

 

ただ、ここで一つ落とし穴があります。

過去の私がそうだったんですが、スマホやパソコンで何かを調べるのではなく、時間を取られてしまうということもたくさんありました。

何かを調べているふりをして、ただただ時間を浪費しているだけの時間も多かったです。

 

今は気をつけるようにはなりましたが、やっぱりスマホとかタブレットは特に注意しなきゃいけないなと思っています。

今回の記事ではあえて文章生産力という点でお話をしていますが、その根本にあるのはやはりインプットとアウトプット力の重要性です。

 

改めて今回のポイントをおさらいしてみます。

 

  1. 他人の文章を自分の言葉で言い替えるくせを付ける
  2. 様々な媒体から情報を浴びるように得る
  3. 音声入力で効率的に文章を作っていく

 

この三つのポイントができるようになると、あなたの文章生産力は一気にアップします。

騙されたと思ってぜひあなたも試してみてください。

 

最初は少し難しいかもしれませんが、何回も続けて習慣づけをしていくことでどんどん自分のポテンシャルに気づくはずです。

文章を効率的に作れるようになって、あなたの人生を一気に変えていきましょう。

 

それではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA